超硬素材形状加工

ホーム > 工程・設備・加工 > 超硬素材形状加工

超硬素材 形状加工

超硬は主に精密金型用部品や治具などに多く使用されており、硬度が高いため研削加工などに非常に時間を要します。
超硬焼結前に荒加工を施すことにより、仕上げまでの機械加工時間を大幅に削減することが可能となります。
当社では、穴加工・段形状・溝形状・テーパー加工・直タップ・雄ねじ加工・その他異形状などに対応します。

穴加工
穴加工 イメージ

逃げ穴、下穴、ピン穴、放電通液孔、ワイヤースタートポイントなど。

直タップ加工
直タップ加工 イメージ

金型固定用など超硬素材に直接タップ加工を行うことが可能です。
M2~M16まで加工が可能です。(ねじ形状はJIS(ISO)規格外です。)
M16を超える上記以外のサイズについてはご相談ください。

段加工
穴加工 イメージ

段形状、C面加工、R面加工なども可能です。

溝加工
穴加工 イメージ

溝部にR加工も可能です。

テーパー加工
穴加工 イメージ

指定の角度で製作が可能です。

エンドミル加工
穴加工 イメージ

逃げなど袋形状やポケット形状にも対応が可能です。 ただしコーナーにはRが残りますのでご注意ください。

複雑形状
穴加工 イメージ

CAD/CAMにより複雑な加工も可能です。

サイズ

モーターコア用の金型は年々大型化されており、超硬金型も大きくなっています。当社でも従来より最大焼結サイズを拡張して製作いたします。

【丸物】φ400 mm × 80 mmまで製作可能

【角物】t 80 mm × 320 mm × 320 mm まで製作可能

ただし材種、形状などにより加工制限がある場合があります。

超硬素材形状加工に関するご相談はお気軽にお問合せください。
材種・形状に合わせた加工をご提案させていただきます。

工程・設備・加工

超硬合金の豆知識

お問合せは

  • TEL:0798-26-3606
  • FAX:0798-37-2067

株式会社共立合金製作所

〒663-8211
西宮市今津山中町12-16

pagetop